幻想の檻をぶっ壊せ!!!

こんにちは!
ココロ∞カラダ マニアのヨシダです。

クライアントとセッションをしていてつくづく感じるのが
僕を含めて多くの人たちは、様々な体験を通して
自分で自分を「幻想の檻」に閉じ込めているということ。

例えば、何かをするとき、また何かを伝えるとき
相手を困らせるんじゃないか?
相手に嫌われるんじゃないか?
という前提(思い込み)を持ちながら
会話をしていると無意識に、自分を「幻想の檻」に閉じ込めてしまう。

そう、自分で自らを「幻想の檻」に閉じ込めてしまうんだ

すると、相手に合わせてやりたいことができなかったり
また、伝えたい本題が話せなかったりして
思うように自分を出せなかったり、伝わらなかったりする。
この状態では、自分の才能や才覚がうまく発動しない。

そして、何か悶々とした「違和感」を感じながら日々を過ごす。

そして、また同じような場面で、無意識にトリガーが引かれると
「幻想の檻」に閉じこもることを繰り返してしまう。

「なぜ、いつも同じようなパターンを繰り返してしまうのだろう?」
「なぜ、いつも同じような場面で小さくなってしまう自分がいるのだろう?」

と悶々するという悶々サイクルに陥る経験をした方もいるのではないだろうか?
僕もそうだったから、よく分かるんだ。

漢字は良く出来ているよね。
閉・・・門の中に才を閉じ込めている。
悶・・・門の中に心を閉じ込めている。
つまり、才能に蓋をしてハート(心)を閉じているということ。

才能に蓋をして心を閉じていれば、意識と無意識にズレが生まれる。
この意識と無意識にズレが生まれることで、人は葛藤を感じる仕組みになっている。

すると、自分が望んでいる現実ともズレが生まれやすくなる。
専門的に言えば、心拍により発生する電磁場が関与しているんだよ。
心臓は身体の中で最も強力な電磁場フィールドを形成していて、

この心臓から拡がる電磁場フィールドは、
先ず、あなたが最も大切にしている価値観に沿って生きているときに
最もコヒーレント(調和)になるという研究報告もあるんだ。

しかも、身体から離れた場所でも計測可能だと言うから、驚きだ!!!

つまり、意識と無意識にズレがあり、心を閉じて才能に蓋をしてしまっているとき
コヒーレントではなくインコヒーレント(不調和)をもたらすことになる。

しかも、この状態が続くことで、DNAや身体にも不調和な影響が現れる。

コヒーレント(調和)とは、光の波長に一貫性があるレーザービームのような状態で、約20wのエネルギー量で月まで届き、月からこの光が観測できるそうです。

そして、インコヒーレント(不調和)は、光の波長がバラバラな蛍光灯のような状態で、東京都の一日の最大電力量100万kWでも月からは観測できないそうです。

この違い・・・すごくないですか???

これは、あくまで例え話ですが、意識と無意識を一致させる
また一貫性を持たせることがいかに人生において重要かを考えさせられますよね。

話が逸れました!が、とても重要です!

実は、「幻想の檻」は自分で作っているんです。
しかし、その幻想の檻は単なる「思い込み」だったことに気づき、
閉じていた心を開く、つまり心を開いて
自分の話したい本題を話すと意外とすんなり伝わり
拍子抜けして幻想の檻が見事にぶっ壊れるという経験をします。

えっ!こんなにアッサリ自分の想いが伝わるなんて!!!
なんで、もっと早く言わなかったんだろう!!!
なんで、もっと早く行動しなかったんだろう!!!
ということがよく起こります。

先日、セッションを受けてくれたクライアントが、
上司から「会社に戻ってきてほしい」とお願いされ、

ご本人は、
「本当は戻りたくない・・・」
「でも、会社も人員不足で困っているし、戻った方が良いかも・・・」
「どうせ、言っても受け入れてくれないと思うから・・・」
「会社に戻ることになると思います・・・」

おーい!会社に戻ることを自ら決めちゃってるし(笑)
しかも「どうせ、言っても受け入れてくれない!」って!!!

それ、あなたの思い込みですから〜!!!って
もちろんツッコミを入れました。

人は、この思い込みによって「幻想の檻」に自分を閉じ込めるんです。

これ、第三者が聞いているとわかるんですが、
本人は、無意識なんですね。
このパターンに慣れ親しんでいるので全くの無自覚なんです。

無意識に心の中に作り上げている「思い込み」によって
自らを「幻想の檻」に入れることで心を閉じ、
同時に、自分の才能や能力という天才性を閉じてしまっている。

しかも瞬時に!!!

この「幻想の檻」に入り込むトリガーとなる思い込みを作った
出来事を丁寧に、丁寧に見つめ直し紐解いていくと、

実は、自分の思考パターンではなく、親の思考パターンを無意識に
自分の脳内にインストールしていたことが殆どなんですね。
クライアントもまさにこのパターンでした。

「長年、私はこんなことで悩んでいたんですね(笑)」
再度、こちらから「では、これからどうしていきますか?」と問いかけたところ、

「何か伝わりそうな気がしてきました。私は、私の価値観を大切にしていきたいし、その価値観を大切にしていけば、会社にもメリットがあると分かりました!」

「これからの人生、本当に私がやりたかったことをしていきます!」と
幻想の檻を自らぶっ壊した記念すべき瞬間です。

素晴らしいですね!!!

そして、後日「会社に辞めることを伝えました!あっさり快諾していただけました(笑)」とのご報告!

まさか、ご本人もここまでスムーズに快諾されるとは思っていなかったみたいですが、心を開く、つまりハートを開いて、自分の使命(ミッション)に生きると決められた方の言葉にはブレがなく一貫性があり、コヒーレント(調和)なエネルギーがあります。

当然、上司の心にも響くはずですよね。

これから、クライアントは、新しい人生を生きていかれ
新しい世界を創造されていくことと思います。

では、なぜ僕たちは、心の中にわざわざ「幻想の檻」を作るのでしょうか?
そして、なぜ私たちは「幻想の檻」を感じる体験を繰り返すのでしょうか?
そして、「幻想の檻」を破りたい!乗り越えたいとするのでしょうか?

実は、僕たちが自ら作り上げた「幻想の檻」の外にこそ宝物があります。
個人的な意見ですが、簡単に手に入るものよりも、入手困難なものを手に入れたときの方が、喜びや幸福感を強く感じます。

人は、ネガティブを感じた同質同量のポジティブしか感じることができない
そんな仕組みやスペックになっているのかもしれません。

すると、なぜ人がポジティブだけでなくネガティブも必要とするのかも分かってきます。

なぜなら、人は悲しみや生きづらさを感じた分だけしか、喜びや感動を味わえないからです。そして、喜びや感動を強く感じるものこそ、あなたが本当に大切にし、愛しているものを教えてくれるメッセージでもある。



そして、それを知るには・・・ネガティブが必要なんだね。
だから、ネガティブを強く抱えている人ほど、それがひっくり返ったときの人生の躍進は計り知れない。

このネガティブとポジティブが同量同質あったことに気づき、未来、現在、過去を統合することで自らの成長や変容をサポートし、自ら新しい世界を未来に創造するためだと思います。

蝶であれば、イモムシからサナギ、そして蝶へと変容し成長していくように。
人間は、蝶のように姿形を変えて変容はしない。

では、人間にとっての変容や成長とは一体なんだろうか?

それは、認識や解釈の成長だったり、意識の成長だと言うこと。
認識や解釈が成長すれば感情が変わり、それはホルモン系、自律神経系への影響も変わる。

結果的に、心身にも何らかの変化が現れ、生き方が変わっていく。

あなたの思い込みは、あなたの思考になり

あなたの思考は、あなたの言葉となり

あなたの言葉は、あなたの行動となり

あなたの行動は、あなたの習慣となり

あなたの習慣は、あなたの価値観となり

あなたの価値観は、あなたの運命、人生となる。

思い込みという『幻想の檻』
その先に新しい世界、未来が、あなたを待っています。

次は、あなたが「幻想の檻」をぶっ壊す番かもしれません。

あなたは、まだ「幻想の檻」の中に自分の才能を閉じ込めますか?
それとも、「幻想の檻」をぶっ壊し才能を開花させて新しい未来を創造しますか?

今日もブログを読んでくださり、ありがとうございました。

心より感謝を込めて

シェアお願いします


ココロ∞カラダマニア無料動画メルマガ

ココロ∞カラダマニア公式メルマガ
人生と宇宙の原理原則をわかりやすく動画で説明しています!
7ステップの無料動画メルマガ是非ご登録下さい。






コメントを残す